◆ 鶴川流花押は伝統花押文化の研究と創作販売に力を注ぎ伝統の継承に努めています。
◆ 花押展始め芸術分野に新たな道を模索し花押研究にまい進しています。
 
 HOME > イベント・セミナー >朗読と書の調べ
 水晶の道

朗読:醍醐千里
 書 :望月鶴川
 ----------------
 開催:2007年2月17日(土)Pm3:00〜5:00
 会場; 銀座 「伽藍バー」



素敵な木の香がする銀座のバー「伽藍」で醍醐千里さんとの朗読とのコラボが生まれました。
素晴らしい詩にめぐり合い、出会いに幸せを感した1日でした。

第一部
静かに「ランプの森」から朗読がスタート。
艶のある醍醐さん声が皆さんを朗読の世界へいざなっていきます。


進行をお願いしましたゴールアンドゴールド代表高畠真由美様により、
望月、醍醐さんの挨拶からBGMとともに
再び朗読が始まり、書と初のコラボレーションが始まりました。


書の拡大


眠る薔薇
水晶の道ほか
数編の詩と書とのコラボが続きます。


各画像をクリックすると拡大図が見られます。

第二部


ティータイムではバリトンサックス(望月北斗)による「星に願いを」
ギターソロ(望月鶴川)による「禁じられた遊び」
を演奏させていただき、ご出席者との楽しい歓談とお食事の時間になりました。

第三部

今回の メインでもある「魂の約束」が始まります。
最初に書が入り私も力が入ります。
魂は魂らしく、約束は約束らしく詩のイメージを考え一つの物語を書きました。
朗読の後は「幸福」と2枚の半切サイズに書きました。

福島から気功の井上先生もご出席されてくださいました。


「魂の約束」
「幸 福」
と朗読する醍醐千里さん。


プログラムとプレゼント

最後に記念写真を。

今回は詩の内容に合わせ書風も変え派手なパフォーマンスではなく、語る書を目指しました。
生きた言葉に書が融合して行く様子を出すように心がけ
静かにゆったりと流れるように、とても素晴らしいコラボレーションになりました。
当日書いた作品は半切2枚、色紙6枚はご出席者にお持ち帰りいただきました。

会場の「伽藍バー」には望月鶴川「魂の約束」他数点の作品が今月中展示されています。
銀座にお出での時はお立ち寄り下さいませ。


醍醐千里さん、ご協力していただいた皆様、ご参加いただいた方々
どうもありがとうございました。

2007/2/17 望月鶴川記